ペットのための自然食品&サプリメント専門店
 
 
 
 


☆携帯メルマガ登録☆

携帯メルマガ登録して
愛犬愛猫のお誕生月に
ポイント2倍! 又は
おやつプレゼント
メルマガ登録後、
お誕生日フォームに
記入して送信☆

ホーム アレルギーについて
商品一覧
アレルギーについて
商品並び替え:

アレルギ-症状とは、吸引されたり摂取されたりした特定の物質に対する強烈な体の反応で、局部的に炎症を起こします。
たいていの場合、その物質が取り除かれると、症状もおさまっていくようです。ところが、多くのアレルギ-症状は免疫組織の不均衡が表面化しただけで、ある物質にたいする実際の"感受性"を示すものではないのです。本当のアレルギ-といえるケ-スは、全体の20%以下です。
●では、食物アレルギーと言われる物は何故おこるのでしょう?
粗悪なフード素材は消化吸収しにくく、より多くの老廃物を生み出し、免疫システムを阻害します。(フードアレルギーに関する殆どの原因は肉など全般的な素材そのものではなく、粗悪な素材に起因するものです)腐敗しかかっている植物の素材を使うことも同じ原因となり、同様の有毒な反応を起こします。副産物(汚染された部分や毛や羽、爪なども含んだ物)はあらゆる所に使われていて、製品には必ずしも表示されていませんし、副産物と書かれていてもその内容を分かる人は少ないでしょう。
人気のあるペットの近親交配や過剰な遺伝子操作もまた、ペットをアレルギ-体質にする原因となっています。

それらの炎症のため動物たちは掻いたり、噛んだり、手足や顔をこすったりします。
皮膚の炎症を和らげるために一般的に用いられるステロイドは、関連のある神経の炎症も和らげるので、いわゆる"症状"を一時的には抑えますので、アレルギ-が原因だという間違った判断をすることになり、根本的治療には程遠いものになります。
その後、以前よりも悪化した症状があらわれ、このサイクルが長く続けられるほど、また老化が進むほど有毒で、免疫システムと抵抗力が弱まり、益々状態を悪い方向へと進めてしまっているのです。
しばしば、それは他の、より重大な病気を招く状態に身体を弱めます。癌で衰弱した犬や腎臓疾患をもった猫にアレルギーの病歴があるというケースは珍しくない事です。

眼や耳もまた、体内の状態を示します。体が衰弱すると眼は赤くなり、耳は耳アカが極端にふえたり、炎症が起きたりします。庭に草がはえていない時期で、他にもアレルゲン(アレルギ-起因物質)がないのに、ペットが掻くことをやめず、獣医は"アレルギ-"だと診断される事がよくあるのです。そのような場合は、アレルギ-が問題の源ではないと認識すべきです。 
同じことが"食物アレルギ-"にもあてはまります。食事をいろいろ変えてみても効果はなく、どんどん食べれない素材が増えて、何日もかけて血液検査すると、あらゆる物に反応しているので、それらを除いた物を食べさせるように言われ、そんなフードはありませんか?と言う相談も良くあります。
肉や小麦のような特定の食品に対するアレルギ-反応が陽性だった多くの犬や猫が、健全な浄化と解毒プログラムが実践された後に、肉や小麦を材料にした良質の自然食品を食べているという状況を私たちは数多く見てきました。
それは消化器官や免疫組織を強化するために、腸や体内から毒素を取り除き、消化器官を活気づけたり、主要なホルモンのバランスをとるためには、健全な食餌とそれを無駄なく身体の改善の為に作用させる補助食品を使う事は効果的方法と言えます。

 
登録アイテム数: 15件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス